地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年07月30日

来民中町


山鹿から、遠回りの久原経由で「来民中町」へ。



植木~山鹿の本通りとは別に、側道にバス停が立っています。



待機場などはなく、道路で一頻り停まって、
折り返し便として走り去っていきますので、
行きと帰りで通る道が多少違います。
待合スペースの屋根には、たくさんの燕が巣作りしてました。



レトリックな雰囲気をうまく生かした店づくりの醤油屋。
角を曲がって裏側に、



幹線のほうの、来民中町があります。
バス停は五戸窪の再利用です。シールの下にうっすらと見えます。



山鹿方面のバス停は、古い民家の前。
1階部分すべてが開口部になっていますので、
もとは何かの商店だった建物だと思います。



JRバスの代替で、山鹿~菊池~大津は産交と電鉄が分担していますので、
電鉄のバスも走ります。



山鹿側には、古い郵便局の建物が修復保存されていたりして、
昔からの街並なのがわかります。

道路整備を最近終えたばかりのわりには道幅がなく、
ひと昔前の雰囲気を残していますので、
できるだけ長い間、そのままでいてもらいたい場所です。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
高尾野入口
波居原鬼渕
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)
 高尾野入口 (2018-12-24 21:30)
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。