地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年06月26日

御船


正面から見ると、錆が気になる「御船」。
横から見ると、その曲がり具合も気になります。



産交バスの終着ではあるのですが、
御船はどちらかというと熊本バスが主体のエリアです。
木山産交と熊本交通センターへ路線が延びていますが、本数はあまり多くありません。
御船~木山間の路線は、国道と旧道を行ったり来たりする、
産交のコンセプトが存分に現れる、素敵な路線です。



折り返しと待機のためのスペースは広くとってありますが、
舗装されるでもなく、営業所でもない「御船」、場末の空気があります。
今回は木山から来て、同じバスが10分待機してそのまま熊本行きになりましたが、
この通りを歩いて、国道の熊本バスや麻生交通のバス停あたりまで、
いろいろ散策してみたい雰囲気の場所です、


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。