地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月15日

小島産交


東に向かうと熊本駅方面。隣には消防署。



「小島産交」です。山麓の広い駐車場が印象に残る場所です。
玉名から伊倉・天水経由の熊本行きが好きなので、
小島産交は終着点というより、海廻りの路線の途中として認知しています。
待合スペースの前にバス停のような形のものが立っていますが、
何も記載されておらず、周囲が目立つように装飾されているだけです。



こういう場所を通って、玉名と熊本がまだ1本のバスで結ばれていること、
西鉄バスの感覚でいくと、凄いことのように思えます。
でも、実際に乗ってみると、熊本の中心部へ往復する中高生がたくさんいて、
その需要に驚くとともに、熊本という街の大きさも感じます。

待合所には、地図形式の路線図も掲載されています。



夕焼けに向かって、今日もバスは走ります。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
こんにちは。

産交バスの路線網についてはあまり詳しくないのですが、この路線は私も大好きでして、

>こういう場所を通って、玉名と熊本がまだ1本のバスで結ばれていること、
>西鉄バスの感覚でいくと、凄いことのように思えます。

という感覚は、全く同感です。
福岡だと、天神から津屋崎・神湊経由赤間行きとか、猪野・脇田温泉経由飯塚行き、西の浦・野北経由前原行き…みたいな感じですかね?(←どれもちょっと違うような…)。

お誕生日おめでとうございます。
素敵な一年になりますように。
私も間もなく一歳差に追い付きます(笑)。
Posted by soramame at 2010年08月15日 22:33
soramameさん、こんんちは。

産交の路線については、私も最近になって勉強しているのですが、
天水経由の玉名~熊本はとても好みです。
感覚的には、soramameさんの挙げられた津屋崎経由赤間とか、
天神~二日市~甘木~北野~久留米とかに近いでしょうか。
現在の西鉄では非常に想定しづらい路線です。

誕生日、微妙に私の方が早いので、
この同年代なのにどうしても追いつけない感じ、なんとなくよいですw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年08月18日 16:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。