地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年07月30日

宮地岳神社前


「宮地岳神社前」といっても、天草です。
神社(宮)の土地が宮地であったり宮園であったりするわけで、
その領地内にある形のよい山を神格化して宮地岳と呼び、
麓に神社を設けるのは一般的なやりかたです。
ですから宮地岳神社というのはどこにでも生じうるわけですが、
福岡に住んでいるものとしては、福津にあるのが宮地嶽というイメージが強く、
他のところで見て反応してしまいます。



集落の中心は、現在はすこし南寄りにありますが、
神社のすぐ南側の道端に、もとの宮地村役場の跡があり、碑が立っています。
現在は合併した本渡市自体がさらに大きな合併を行い、
天草市として南は牛深まで全部同じ市内になってしまいました。

志布志市志布志町志布志なんてのは冗長だと主張する私ですが、
いざ地名が消えるとなると惜しくなることも多いです。
いくつかの町が対等合併した際に、
旧町名を残さずに字名だけになるところもあり、残念に思うこともあります。
逆に○○市○○町○○と、町名が残っていることが、
地図で見るとうっとうしく感じられることもあるのですけれど。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(4)産交バス
この記事へのコメント
タイトルをみた時てっきり福岡のそれと思ってしまいました。

#福岡の「宮地嶽神社」の近くに「宮地嶽神社前」という
#バス停があるかどうかは知りませんが、、

天草ですか、、数年前に観光でいった事ありますが
(バスではないですが、、タハハ)いいところですよね。。

また行きたいです
Posted by なかの at 2010年07月31日 07:29
なかのさん、こんにちは。

当方も写真を撮っているときから、
「載せたら福岡のと、ややこしいなぁ」と思っておりました。
天草、この日は海がとても穏やかだったので、
非常にいいところだと思いました。私も車で行ってますw

次はバスに乗って行きたいと思います。
島の西側、下田から河浦への路線にぜひ乗りたいです。

ちなみに、福岡のほうにも、「宮地岳宮前」というバス停があります。
津屋崎~新宮の電車代替バスなどが走ってますので、
西鉄貝塚線の新宮やJR鹿児島線の福間から、
バスに乗り換えて宮地嶽に参詣することが可能です。

初詣の期間中は、福間駅から直行の臨時バスも走ります。
ただ、宮地岳宮前の付近は車両通行止めになるので、
臨時バスは別の場所で降ろされるのですが。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年07月31日 21:37
こんにちは。

この町のことが新聞に出てました。
学生を受け入れて農家のいろいろを体験する活動をなさっている方がおられるようで、新幹線全通後は、関西・中国エリアからでも3時間前後で来られるようになることから、来春に期待! ということだそうです。
Kassyは修学旅行で鹿児島へ行きましたが、確か片道4時間では着かなかったような気がします(6時間ぐらいですかね?)。そう考えると、博多から鹿児島中央まで1時間半、新大阪からでも4時間というのですから、すごい時代になったもンだと改めて思いました。
Posted by Kassy at 2010年09月05日 00:55
こんにちは。

>この町のことが新聞に出てました。

ほほう。そんな活動をされているんですか。
でも新幹線ができても、熊本駅から遠いですよ、ここw
友人がレンタカーを借りて福岡から車で同行しましたが、
松橋のインターを下りて、三角~松島~本渡と、
延々西に向かう必要があります。

私たちは途中もバス路線をトレースしながら走るので、
それほど退屈しなくてすむのですが、
ただ天草に向かうためだけの道路だと思うと、きっと苦痛でしょうw
Posted by ちょんびんちょんびん at 2010年09月06日 10:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。