地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年07月28日

宮地浦


「宮地浦」。天草です。
本渡からのバスの終着点ですが、ここを目的地とするような街ではありません。
どちらかというと、ここで降りたあとどこに行けばいいのか、というような場所です。

本渡から深浦、牛深へと続く、島の東端の海沿いを走る県道から、
大多尾と立へ路線が分岐していましたが、2路線を繋いだ結果、
分岐点だった宮地浦が成り行き上、終点になってしまったという感じかと。



船が一隻。向こう岸がバス道路。



豆粒のような大きさで、バスが走っているのが見えますが、
あたりが静かなので、ドアが開閉する音や、左折時の注意音が聞こえます。
どう見ても、バスが満員になりそうな場所ではないのです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。