地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月21日

水天宮入口


「水天宮入口」は柳川、御花前の隣です。
早津江行きの「6」がやってきます。



バス停の近くに、旧戸島家住宅という、美しい住まいがあるんですが、



御花前までは観光地柳川の雰囲気なのに対して、
ここ水天宮入口あたりから、周囲の風景は急に郊外の雰囲気を醸します。



この日は柳川駅から御花までの臨時バスが走っていたので、
水天宮入口のバスカットで待機して、時間になると出発していました。

後ろにある建物は製氷工場。
北側に魚市場があるので、氷の需要も多いのでしょう。
そっちに注目がいくのは、現在の仕事柄、ある意味当然のことかと。

バス車体の見分けすらつかないちょんびんは、
普通車の種類に関してもちっともわからないのです。
プリウスとかフィットとかいわれても、よくわかりません。
でもちょんびん家の車は、現在ノアとタントでして、
最近、街にこの2種類がえらく増えたように感じます。
本当は、増えたのではなくその2種類だけ見分けられるようになって、
目につくようになっただけだ、というのは容易に推測できます。

同じ風景を見ていても、見る人によって見えるものは大きく違うんだろうなぁ、という話でしたw


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。