地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年09月21日

中央魚市場~鬼堂


柳川の市内、歩いて回るには、駅から御花までもわりと遠く、
でもバスに乗るとあっという間だし、相乗りならタクシーでもさほど金額がかからず、
というくらいの街の規模だと思います。
循環路線が走ってはいるのですが、まともに客が乗っているのを見たことがありません。



水天宮入口の近く、鬼童町交差点から北へ向かうと、



魚市場があります。柳川は有明海も近く、川魚や珍味も多い土地なんですが、
あまり柳川=海のイメージがない私、魚市場の存在自体に多少の違和感を感じます。



材木屋があったり、観光バスが待機していたり、有明新報の支局があったり、
道路も広く、建物もいろいろあるんですが、なんとなく閑散としています。



そういえば、琴奨菊関は柳川出身でしたね。



さらに北に進んで、交差点の手前に「鬼堂」バス停があります。
本数は。。。これをどうやって使えというのか、という程度です。
柳川駅からの循環線ですが、逆回りはありませんので、
1日2本しかない日祝日は、朝1に使って、帰りは最終しか選択肢がなく。



観光用の循環路線を走らせるには、
観光地が御花・白秋生家付近以外にないんですかね、柳川って。
御花のとこでもちょっと書いたんですが、
西鉄電車沿線の代表的な観光地なのに、
特急電車を降りて、主要観光地まで行くバスがないってのは、
観光地として寂しくないか、と思ってしまいます。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
大川橋のバス
大川橋事務所移転
祭りのあと
熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス
山鹿バスセンター脇
岩野荒平過去の記憶
同じカテゴリー(久留米)の記事
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)
 大川橋事務所移転 (2018-06-07 17:17)
 久留米バスあるき第2回 (2018-06-03 23:58)
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス (2018-05-01 06:06)
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。