地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年07月14日

竹崎港


唐津から呼子・鎮西・肥前、佐世保、長崎、臼杵から佐伯周辺。
山と海が近い場所では、幹線はすこし高台を走っていることが多く、
港への側道を下って、終点は海のそば。
バスに乗っていて、最後に視界が開けるところがよいです。



竹崎港といえば、竹崎ガニ。それ以外何も知りません。
終点のそばには、これといって料理店があるわけでもなく、
いかにも港街らしい路地と船泊があるだけです。



誰も乗せないまま、切り通しを抜けて、バスはまた幹線に戻ります。
行先は「球場前」。なんとなく気になる名前です。
竹崎港、土曜日は7往復あるのに、日曜日は完全運休。
そんなに重要に違いがあるのだろうかと心配になります。


同じカテゴリー(祐徳バス)の記事画像
中牟田
新篭2016 クリーク脇の終点
常広 祐徳バス新篭線の途中
東吉田
田代
鮒越入口
同じカテゴリー(祐徳バス)の記事
 中牟田 (2017-12-12 06:06)
 新篭2016 クリーク脇の終点 (2017-04-20 06:06)
 常広 祐徳バス新篭線の途中 (2017-04-19 06:06)
 東吉田 (2017-02-15 19:00)
 田代 (2017-02-14 19:19)
 鮒越入口 (2017-02-13 18:22)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)祐徳バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。