地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月03日

銭蒔

「銭蒔」、縁起のいい名前だと思います。
銭を蒔くほどに富をもたらすものはなんでしょうか、杉財でしょうか。



そんな繁栄があったのかどうかわかりませんが、
今は集落とかそんなレベルの話ではなく、
バス停自体の存在確認が危うい状態です。

岩奥までバスに乗って、ここ辺りを通過する際に運賃表が動いたので、
「視認できなかったけどこの辺にバス停があるはず」
と思って探したからこそ、それらしきものを見つけることができました。



渓流の脇から、小道が分岐しているのは間違いありません。
ただし、舗装されているでもなく、轍が残っているわけでもなく、
草が生い茂っていて、かなり長い間誰も通過していない様相です。
バス停にも頭はなく、ここにある意味を失って久しいように見えます。
こんな道の先にも、人の暮らしが現在もあるのだとしたら、
大変失礼なことを文章にしています。すいません。



ただ岩奥と河合場の間、唯一の途中バス停ですが、
人の気配はまるっきりなく、ただ水の流れる音だけが響いています。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 21:21│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
スゲエ・・・
日田バス道中のときの日出生旧道の廃止バス停も、晩年はこんな感じだったんでしょうかねえ。

この状態でも普通に、『九州のバス時刻表』で出るのも凄い・・・
Posted by じま at 2010年08月03日 22:33
じまさん、こんにちは。
涼しくなったら大分2回目行きましょうね。

日出生への道と同じように、
岩奥への道に新道ができれば、ここは同じ運命を辿るでしょうね。
現状はバス路線がここにありますから、
バス停はこんな感じでも、凄惨な感じではないです。

九州のバス時刻表は、データさえあれば出るので、
実際にどんなところなのかは度外視ですよね。
Posted by ちょんびん at 2010年08月04日 18:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。