地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月07日

種山


「種山」。



郊外方向に立派な待合所が建てられています。バスカットもあります。
岩奥、河俣、栗木と3方向の行先がある交通の要衝です。
郊外路線が補助金の見直しで廃止になり、ここまでで打ち切られるそうです。
ここから先は、乗合タクシーか何かが接続することになるのでしょう。



五木や五家荘への入口としての位置づけもあるのでしょう。
ガソリンスタンドやドライブイン、商店などが密集していて、
人の動きがたくさんある場所です。

でも、バスにはこの奥まで走ってほしいんですけどねぇ。
熊本バスが廃止になったあとも、麻生交通が氷川ダムまで来ていて、
こちらの産交と路線接続がおこなわれていましたが、
そちらにも影響が及ぶのではないかと心配です。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。