地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月09日

坂より上分校前


河俣(鶴木場)からすこし下ると、すぐに「坂より上分校前」があります。
さかよりかみ、とは分かりやすい名前の付け方のように思います。
ひとつ下流のバス停が、「皈り坂(かえりざか)」でして、
その辺りの坂、より、上、の集落だという標記なのでしょうから。

ただ、途中にひらがなを挟む地名に慣れていませんので、
河俣小坂より上分校、と書かれると、どこで切って読めばいいのか戸惑います。
河俣小学校、坂より上分校なのですが、小学校を略した小の字が混乱に拍車をかけますw



分校はバス停の後ろ、だいたい休日にしかバスに乗りませんので、
どこでも登下校の賑わいに出会うことは稀です。



向かい側、グラウンド隣の建物に、小さな距離案内がありました。
種山を経て宮原まででも18キロあるのに、
南の大通越を過ぎると小鶴まで13キロしかないんですね。
小鶴は五木村の集落です。ふつう人吉側からアクセスしますので、
河俣に行く時とは方角も距離感覚も大きく違いますが、
機会があれば車で峠を越えてみたいと思います。



山側は斜面に近い平地を最大限利用するため、立派な石垣が積まれています。
学校の前、滑り台の向こうにバス停が見えて、
小さなバスがやってくるのをゆっくりと待つ時間、幸せです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。