地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月14日

不動前


霞に煙る「不動前」。
鎌瀬からのバスをここで降りて、最終の日田地経由川原谷行きを待つのですが、
本当にバスがやってくるのかどうか、不安になる雰囲気です。



坂本側には何もありません。
ただ球磨川の対岸、山の中腹に高速道路が見えているだけです。



不動尊はありますが、人の気配はなく、
隣のガソリンスタンドの明かりが唯一の心の支えです。
国道219号線も、雨のせいか車の通行は少なく、ひっそりとしていました。

でもこのあたり、8/16~17に再度訪問します。
坂本温泉と坂本工場付近も撮っておきたいと思うので、
9月にも行くことがあるかもしれません。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
多々野2016冬
色見入口
高森駅焼肉松雲
茗ヶ原入口
祇園橋
中松駅前
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 多々野2016冬 (2017-03-01 16:16)
 色見入口 (2017-01-19 22:42)
 高森駅焼肉松雲 (2017-01-17 00:02)
 茗ヶ原入口 (2017-01-16 21:37)
 祇園橋 (2017-01-02 22:04)
 中松駅前 (2016-12-24 23:26)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(3)産交バス
この記事へのコメント
過去記事にいきなりすみません。
この不動前のバス停そばで生まれ育ちました。
ガソリンスタンドの左に写ってる家が私の生家です。
親はもう20年前に八代に引っ越し、この家は他人の手に渡っています。
寂しい村ですよね。
それでも昔は子供はたくさんいたのですが。
ここから小学校まで毎日バスと歩きで通ってました。

私も大学と就職は福岡でしたので、西鉄にはなじみがあります。
今は海外在住なのですが。
Posted by 匿名ですみません at 2017年03月04日 20:11
どうぞ匿名でもお構いなく。

このブログを初めて程なくして、
まだ1日に数人しかお越しで無かったころ、
南関の記事を見てご連絡をいただきました。

「50年以上前に、父が産交の運転士でした。
南関を離れて久しいですが、懐かしい風景です」
というような内容のことを。

こうやって海外からも見ていただいて、
当時のことを想起していただけるのは、
嬉しいのです。続ける甲斐があります。

当方自身が、地元のバス車庫写真がないのを惜しんで、
「将来的に惜しくなりそうなものを撮り漏らすまい」
という決意で続けております(笑)。

今後ともよろしくお願い致します。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年03月05日 09:29
承前
pic.twitter.com/UNuBEECzFP

上記URLにて、大きめの写真UPしております。
ご笑納ください。

※ブログの掲載写真が小さいのは、
画像容量制限の都合です。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2017年03月05日 09:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。