地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年09月20日

高森駅


「高森駅」です。南阿蘇の中心です。



南阿蘇鉄道の終点です。ホームは片面のみ。小さな駅です。



横の駐車場は、けっこう広め。自由に停めていいようです。
ここは高森町ですが、接続の便宜上山都町バスも発着します。



SLも保存展示されている脇を、産交バスが走り抜けていきます。
高森町民バスは、郊外路線が毎日3方向に1日3便走っており、
別に色見循環線もありますので、駅前でもそこそこバスの姿を見ます。
高森中央では、立野までのバスに、快速たかもり、延岡までのバスと、
ここが地形的にも交通の要衝であることを感じさせるバリエーションがあります。

馬見原までのバスが、もうすこし充実していると、
行きと帰りで別のルートがとれて、さらに楽しめそうなのですが。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
川口二丁
水平社、主に食堂、そしてエスカレーター
上から水俣産交
君ヶ淵駐車場
三江湖と鼠蔵町
南平和町
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 川口二丁 (2018-09-22 07:07)
 水平社、主に食堂、そしてエスカレーター (2018-09-21 07:07)
 上から水俣産交 (2018-09-20 07:07)
 君ヶ淵駐車場 (2018-09-19 07:07)
 三江湖と鼠蔵町 (2018-09-18 07:07)
 南平和町 (2018-09-17 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。