地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月13日

高森中央


「高森中央」でございます。
駅と繁華街の間という意味では中央かもしれませんが、
高森町は町域が広範にわたっていて、中心地は西の端にありますので、
かなり東側に走っても、高森町が続きます。
そのため、町民バスは非常に乗りごたえがあります。200円均一なのもよいです。



そんな町民バスや隣の南阿蘇村のバスも走るためでしょうか、
産交のバス停は2本立っています。
もう1本は、蘇陽町などが合併してできた、山都町のコミュニティばすのものです。
馬見原や浜町と同じ町内のバスがここまで来るのですから、
こちらの路線網もかなりのものです。



馬見原を通って高千穂から延岡まで行く路線は、
産交と宮崎交通が1往復ずつ担当していますが、
宮崎交通のバス停は立っていません。産交と共同運行だから当たり前かw



駅からの道すがら、案内板も整備されていました。
そんな大した距離ではないのですけれど。



高森中央から見た風景です。
このバスが走っていく方向に高森駅があります。



熊本の中心部や立野方面へのバスは、反対に左折していきます。
この先には、高森の商店街があります。



高森中央のバス停は、観光案内所になっていて、建物も立派です。
駅方向からロータリーに入ろうとすると、かなり鋭角にUターンすることになります。
リエッセが殆どなので、あまりつらそうではなかったですが。
バス道路と一般道の間、島になっている部分にベンチが設けられていますが、
反対方向のバスがくるわけでもなく、この細いスペースに座っていると、
バスやら車やら両方向を走り抜けていくので、けっこう居心地が悪かったです。
やはりバスは普通に、建物の中で待つのがよいようです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。