地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月24日

人吉産交


「人吉産交」の建物が新しいのは、
老朽化していた前の建物が、台風で屋根が吹っ飛んだからだそうです。

建物が古かったといっても、学生時代に人吉に遊びに来たときには、
人吉の営業所は駅前をまっすぐ行ったところにありました。
それから20数年しか(笑)経っていないはずなのですが。



隣はボウリング場。その奥にマクドナルドの看板があったので、
ちょうど200円だしビッグマックでも食べようかと歩いていってみると、
人吉インター店まで1.4キロとの記載、だまされましたw

鹿目や黒白、神瀬へのバスはこちらへ向かって進みます。
ただし、人吉産交の西側が終着点のバスは、
先に人吉駅から総合病院と、市内中心部を循環してから人吉産交に戻り、
その後に終着点に向かって出発しますので、
時間があるときは循環部分に乗ってみるのも楽しいです。
人吉産交からの運賃は、循環部分に乗っても乗らなくても同じですし。



ということで、本数以上に頻繁にバスがやってくる印象です。
お盆シーズンということで、鹿児島空港までの臨時高速バスも走っており、
たくさんの乗客がありました。
また、待合所の中で待っている最中にも、
人吉インターから福岡、熊本、宮崎への乗車券を買いに来る人が頻繁に訪れ、
人吉からの高速バス接続が機能していることを感じさせます。

まずは鹿目に向かいます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
高森町民バス尾下線記事行方不明
多々野2016冬
色見入口
高森駅焼肉松雲
茗ヶ原入口
祇園橋
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 高森町民バス尾下線記事行方不明 (2017-06-28 18:12)
 多々野2016冬 (2017-03-01 16:16)
 色見入口 (2017-01-19 22:42)
 高森駅焼肉松雲 (2017-01-17 00:02)
 茗ヶ原入口 (2017-01-16 21:37)
 祇園橋 (2017-01-02 22:04)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。