地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年08月29日

頭地1


上荒地から、五木村の中心集落「頭地」まで戻ってきたバスは、
メインの通りを集落の南まで走り抜けると左折し、
ひとつ東の通りを縫うように走ってから、頭地近くまで戻ってきます。
そしてまた左折し、同じメインの通りを南下して、人吉方面へ向かいます。

これが人吉→内谷だと、メイン通りを北上→東の通りを南下と
五木の中心地を循環して、南の橋から内谷に分岐します。
中心集落をケアするための、合理的な路線選択なんでしょうが、
知らずに机上で把握しようとすると、非常にトリッキーな路線設定だと思います。



内谷の方に行く道は、頭地代替地の南側に真新しい橋が架かっているのですが、
もともと工事用に作られて道幅が狭いため、新しい頭地大橋が建設中です。
橋脚の下に広がる平地が、もとの五木の中心地ですが、
昔の写真を見ても同じ場所だと信じられないくらい、現在は本当に何もありません。



頭地の南のバス停は、「駐在所前」です。
このあたりは、ダムで沈むはずだった五木の中心集落の代替地として、
新しく造られた街ですので、阿蘇あたりにある温泉付き高級別荘地のような風合いです。
生活インフラは何もかも新しくて統一感があって、その分生活感が薄いような。
その裏にはダム建設反対と賛成に割れた、壮絶な歴史が隠れているのでしょうけれど。



中学校と高校の分校は、メイン通りより坂の下にあるので、
わざわざ下ってから用件を話さなくてもいいように、
道路沿いにインターホンが設置されています。
無駄な利便性の追求による過剰な設備のように感じますけれど。



駐在所の南すぐに、道の駅があり、そこにもバス停があります。
ただしこの「道の駅五木」は観光バス専用のバス停で、
道路沿いにはなく、道の駅駐車場内で地味に佇んでいます。
新しく走り出した定期観光バス「いつきちゃん号」の健闘を祈ります。

頭地の集落はバス停も多いので、3回に分割します。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。