地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年09月05日

多良木


多良木町の「多良木」です。中心地といっていいと思います。



ゆめマートなんかも撮ってますが、
夜7時過ぎにやってきて、翌朝7時過ぎのバスで出発してしまうため、
開いているときに眺めることはありませんでした。
実際は、10時過ぎにも近所まで戻ってきたので、寄ろうと思えば寄れました。

多良木の交差点にあるコンビニ(サンクス)には、
バスで多良木に着いた晩飯、次の日の朝飯、古屋敷から戻って昼飯と、
3度もお世話になりました。合計で1000円ほどしか貢献してませんが。
そんなサンクスを写しこむの忘れました。
コンビニの見た目は、どこも一緒なので、よしとしましょう。



交差点に戻ると、国道の両側からの道路看板の、
表示が違うのがよくわかりました。
南に行く道、岡原や槻木を抜けて、小林まで道が繋がったってことでしょうか。



この写真の左側に、サンクスがあります。
駅までは徒歩3分くらいの距離なので、
中千足から浮羽の駅を眺めた時のように、
行き止まりの先に駅舎が見える風景を期待していたのですが、
夜、暗くなって初めてここに着いた前日は、
踏切も線路も見えず、ただ遠くまで道が延びているのは見えて、
「ええっ、多良木駅、めっちゃ遠い???」と驚きました。
実際は、踏切の脇に駅や温泉施設があって、歩いてもすぐ着きます。

旅行前の検索で、多良木駅前を出発したバスが、
次に停まるのは多良木だということは把握していました。
ところが、交差点の人吉側にバス停があったので、
「交差点付近の、何もないところに停まるんだろうね」と納得していたところ、
なーんと国道より手前の脇道を人吉側に走り、
前掲の湯前方面の多良木バス停に回り込んで停まりました。
いやぁ、芸が細かいです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。