地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月05日

十二軒屋


久留米の「十二軒屋」。こちらは東西筋。

各地に、○軒屋という地名がありますが、
ここは12軒といわず、現在は多数の家が立ち並んでいます。
もとの12軒は、街道に沿って並んでいたんでしょうかね。

うちの近所の三軒屋は、
現状、もちろん住宅の数は3軒とはいいませんが、
セメント工場があったり、室見川の河畔が近かったりして、
住宅街、という雰囲気はあまり感じません。
ある時点の特徴を捉えて、地名ってつけられるのでしょうが、
栄枯盛衰は世の中の常。



といっても、ここが凄い繁華街になっているわけでもないです。



南北筋、「50」の十二軒屋は、
隣が江戸屋敷と和楽園前と、風雅な名前が続きます。
もともと209号線は薩摩街道という歴史ある道なので、
その名残が各地に見られます。



九州新幹線の久留米~筑後船小屋というひと駅間を、
ほぼ忠実に結ぶことになる「50」。
柳川までの新路線に乗り継ぐことができるようになりますが、
さてこれが、何らかのインパクトになりますでしょうか。

ツマ実家は筑後船小屋駅から徒歩圏内ですので、
いちどは新幹線で帰ることもあるでしょうが、
あまり近距離新幹線に乗っても、
時間短縮効果のわりに費用ばかり嵩むので、
いまひとつ有難みを感じることができそうにないんですよね。

ホリデーアクトパスができて以来、
「50」の乗車回数が格段に増えている、安直な私です。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
大川橋のバス
大川橋事務所移転
祭りのあと
熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス
山鹿バスセンター脇
岩野荒平過去の記憶
同じカテゴリー(久留米)の記事
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)
 大川橋事務所移転 (2018-06-07 17:17)
 久留米バスあるき第2回 (2018-06-03 23:58)
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス (2018-05-01 06:06)
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。