地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年11月01日

七ツ川内


祐徳バスの嬉野ローカルの終点、「七ツ川内」です。



田園風景、ですな。橋を渡る手前の斜面、石積みが見事です。



集落としては終点ひとつ手前の下吉田の方が大きいのか、
バスの方向幕は下吉田のほうが主体の扱いになっています。
吉田の中心集落は下吉田の南側にあり、
こちらはこの七ツ川内ではなく、嬉野~鹿島を結ぶ路線が経由します。
吉田は陶芸が盛んな高台の集落で、
麓には「納戸料」なんて一風変わった名前のバス停もあります。



朝の通勤通学用途には選択肢はなく、1本しかありません。
昼から出かけるか、昼に帰ってくるのか。
夕方に戻ってくる分は毎時の選択ができ、
その折り返し便も律儀に実車で走りますので、
夕方の時間帯には3本あります。



かといって、バス停周りには自販機ひとつあるわけでもなく、
すぐの折り返し便を見送って、1時間ほどをどうやって過ごすのか、
バスに乗ることだけが目的ならば、すぐ折り返してもいいのかな、と思いました。


同じカテゴリー(祐徳バス)の記事画像
中牟田
新篭2016 クリーク脇の終点
常広 祐徳バス新篭線の途中
東吉田
田代
鮒越入口
同じカテゴリー(祐徳バス)の記事
 中牟田 (2017-12-12 06:06)
 新篭2016 クリーク脇の終点 (2017-04-20 06:06)
 常広 祐徳バス新篭線の途中 (2017-04-19 06:06)
 東吉田 (2017-02-15 19:00)
 田代 (2017-02-14 19:19)
 鮒越入口 (2017-02-13 18:22)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)祐徳バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。