地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年11月19日

肥後大津駅


来民中町から、熊本電鉄バスに乗ります。
昔というほど古い話でもないですが、
瀬高~山鹿~大津はJR九州バスが繋いでまして、
現在山鹿~大津の間は、産交と電鉄が共同運行をしています。
南関~瀬高駅の福岡県内部分は、産交の路線が廃止されてしまいました。



駅前の通りをつきあたって、「肥後大津駅」に到着です。



産交のバス停もあって、山鹿までの便のほかに、
矢護川経由の菊池行きや、大津高校までの路線もあるのですが、



今回は電鉄バスに乗ってきたので、カテゴリも電鉄バスで。



熊本市内への通勤圏となった大津。
駅前にも高い建物が散見されます。



バスの幹線道路へ合流する手前に、「大津室町」のバス停。
こちら共同運行の山鹿~大津しか停車しませんので、
バス停の塗装仕様も少し変わっています。

立野までのバス路線が繋がっていないことが、惜しまれます。



同じカテゴリー(熊本電鉄バス)の記事画像
熊本交通センター(仮)
竹迫城跡入口
熊本交通センター最終日4:電鉄バス
熊本交通センター最終便
熊本交通センターメモリーズ
熊電藤崎宮前駅
同じカテゴリー(熊本電鉄バス)の記事
 熊本交通センター(仮) (2016-03-16 17:17)
 竹迫城跡入口 (2015-12-25 23:58)
 熊本交通センター最終日4:電鉄バス (2015-10-03 21:17)
 熊本交通センター最終便 (2015-10-01 21:59)
 熊本交通センターメモリーズ (2015-09-08 17:17)
 熊電藤崎宮前駅 (2015-09-04 17:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。