地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年09月29日

訪問0.5回 その004


「天山」。こういう、歩道のない片側1車線道路のバス通りって、
私が小学生の頃から比べると、格段に減ったように思います。



だからといって、ここまでの高規格道路ばかりが必要なわけでもありません。
「星ヶ丘入口」。



西鉄電車がなければ、二日市から太宰府へのバスが頻繁に走るでしょうが、
二日市からの直通バスすらないのが現状の、「五条」。



「月隈団地」。
色合いの仕様をそろえるなら、紙のサイズにも気を使ったらどうなんでしょう。
こういう中途半端な仕事を、人間くさい味のある状態と見られない、了見の狭い私。



でも「道頓堀」の紙貼りが、わずかに番号が見える形でずれているのは、
それほど気にはなりません。むしろ昔の名残が見えて好もしく感じる勝手な嗜好。



もとは終着バス停だったのに、
終着の折り返し地点が先に延び、新しい系統が増え、
行ける場所が豊富になった「室見団地」。
室見駅まで歩くのにはちょっと遠いし、バスから地下鉄に乗り換えるのは面倒だし、
「503」ってのはニーズに合致したちょうどいい規模の路線設定だったんでしょう。

以上、杷木からの帰りに、1日で行ったバス停を、つらつらと並べてみました。
001
002
003

タグ :西鉄バス

同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
営業所めぐりバスあるきの惨憺
バス路線カフェのご案内【10名限定!第6回バス路線探検家の会】
第12回福博バスあるき「筑肥線跡」のご案内
ホリデーアクトパスを買いました2018
~誰でも参加できます~第4回【バス路線探検家の会】ご案内
ちょんびん鬼ごっこの風景
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 北九州バスあるき第1回基本線 (2018-02-20 18:24)
 営業所めぐりバスあるきの惨憺 (2018-02-04 06:06)
 バス路線カフェのご案内【10名限定!第6回バス路線探検家の会】 (2018-01-18 19:26)
 第12回福博バスあるき「筑肥線跡」のご案内 (2018-01-13 17:17)
 あたたかくしてお越しください。 (2018-01-12 13:06)
 第11回福博バスあるき「営業所萌え」その1 (2018-01-07 23:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。