地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年12月12日

大石

日本各地に鉄道が走り出した頃のことを書いた本を読むと、
どこでも鉄道は歓迎されていたというわけではなく、
機関車の煙が環境を悪くするとか、既存の産業に悪影響を及ぼすとか、
駅ができたら若者が町に出て、悪いことを覚えて帰ってくるとか、

「大石」の記事、9月の訪問直後に↑まで書いて放置されていました。
今になってあらためて開いてみると、
いったい何を書きたかったのかがさっぱり。



バス停のある交差点から東に延びる道の先に、筑後大石駅があるんですが、
そこが旧来の集落から離れて駅を設置したのかどうか、
そういう沿革も詳しくは知りませんし。



浮羽側から歩いて訪問、交差点の手前にバス停があります。



浮羽へのバス通りは、左のカーブしているほうです。



交差点から北に進むと、程なく筑後川を渡り、その先は杷木です。
杷木方面へのバス停は、こちらにあります。



交差点とバス停の間には、普通の風格ある民家のような建物、
でも食堂なんです。チャンポンがおすすめのようです。
看板の左上には、異国の言葉が刻まれています。タイ語?



交差点の名前が高見なので、食堂の名前も地名由来のようです。



謎を残したまま、私は来たバスに乗って去って行きます。
どなたか「食堂たかみ」でチャンポン召し上がってみてくださいw
土日祝は本数が極端に減りますので、
バスで訪問するのは難しい場所ですが。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
大川橋のバス
大川橋事務所移転
祭りのあと
熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス
山鹿バスセンター脇
岩野荒平過去の記憶
同じカテゴリー(久留米)の記事
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)
 大川橋事務所移転 (2018-06-07 17:17)
 久留米バスあるき第2回 (2018-06-03 23:58)
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス (2018-05-01 06:06)
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。