地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月14日


「鏡」。
呉服町の大島眼科前から郊外方向の路線図を眺めると、
行けるバス停のうち、一文字なのはここと篠栗の庄だけ。
せっかく原に住んでいることですし、
一文字バス停ばかり集めてみても面白いかな、と思いつつ、
いつも思うだけで終わる日常です。



県道68号線が、箱崎から志免へと、
ほぼ南北にまっすぐ延びているようなイメージは、
きっと西鉄の昔の路線図によってつくられたものです。
実際はけっこう北西から南東へ向かっていますし、
さほどまっすぐでもないです。

そのイメージと併せて、
社領~鏡~亀山といえば「35」が走ってる感覚なんですが、
現在の「35」は福岡空港に寄るため、二又瀬から大井町へ行きまして、
ここ鏡を通るのは「34」だけです。

隣の亀山には、「32」「33」に、
ルクル行きだけ別番号を与えられた「30」と、
佐谷までの「5」も発着するのに、
五斗蔵の交差点で、みんな空港の方に曲がってしまいます。

バス停の後ろには博運社。
御手洗バス停の後ろには久留米運送がありますし、
空港が近いこのあたり、運送会社の拠点が多い地域です。



ということは、その分人口はあんまり多くないわけでしょうが、
志免町のバスも走ってまして、「34」も1時間に3本程度。
昔から、バスがけっこうたくさんいる場所です。


同じカテゴリー(福岡茶)の記事画像
西鉄バス停コラボチョコを語る#5 福岡茶エリア
柏陵高校前
宮崎
土井団地
原土井病院
八田踏切
同じカテゴリー(福岡茶)の記事
 西鉄バス停コラボチョコを語る#5 福岡茶エリア (2017-03-22 19:19)
 柏陵高校前 (2017-03-11 16:16)
 宮崎 (2017-01-31 17:50)
 土井団地 (2016-11-30 21:17)
 原土井病院 (2016-11-18 20:16)
 八田踏切 (2016-11-01 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)福岡茶
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。