地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年11月30日

通詞


「通詞」は鬼池経由の二江接続の終点です。
富岡港への路線は、現在はすべて手野経由で、
鬼池~富岡の接続は、ここ通詞でおこないます。



どちらの路線も本渡始発でやってきますが、
いい時間帯で接続しています。
一応乗り換え客を想定してか、待合所が設けられています。



通詞は島が北にあるんですが、バス停からは見えません。



隣の西河内を過ぎたところで、通詞まで乗ってきたバスが待機していました。
海の先には、こちらからのほうが通詞島がよく見えます。

このあたりから、ずっと海が車窓から見えます。
島原半島も向こう岸、手が届くほどではないにせよ、泳いで行けそうな距離です。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。