地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年12月01日

志岐

さて、12月でございますね。
毎日バス停の写真ばかり載せておりまして、
仕事もせずにバスばかり乗り回しているお気楽な身分に見えるかもしれませんが、
その通りですw

ではなくて、一応、働いております。気分だけw



本渡から通詞を経て富岡港に至るバス路線と、
高浜下田温泉を経由する路線とが交わる場所が、ここ「志岐」です。
天草の北西の端、とイメージしてください。

バスはここから富岡港まで、両路線とも同じ道を往くのですが、
富岡港~志岐自体が、上りと下り別の道を走る路線のため、
ここで合流する、ってのはちょっとニュアンスが違う気がします。

不勉強のため、富岡が何で栄えた町なのかは存じませんが、
漁業関連の何かでとても活気のあった時代を感じさせる街並みが、
ここから終点までずっと続きます。
そして今は、日本各地で見られる、一抹の疲弊感が漂ってもいます。



秋分の日を過ぎたあたりから、日暮れがとても早くなって、
いい風合いの夕焼けが撮れるようになってきます。
といっても、バスは車窓風景を楽しみながら日中に乗るのが基本なので、
夜が早くやってくるということは、それだけ活動可能時間が短くなるということです。
そういう意味では、日の短い冬のほうが仕事が忙しい職種なのは、
バス乗りを志す私にとって、合っているのかもしれません。

本日から、本格的におせち料理の製造が始まります。
「らでぃっしゅぼーや」に加入されておられる方は、
ぜひ洋風おせちセットをご注文くださいw
わたくしが心をこめて1パックずつ脱気包装をおこなっておりますW


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。