地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年11月06日

野子学校前


宮の浦から、丘をひとつ越えると、福良の湾。
平戸は単一の市町村で、日本でいちばん漁港の多い街だそうです。
地形的には、どこでも船が入れそうです。確かに。



「野子学校前」。
丘から集落へ下りる道の途中に、バス停があります。



斜面の上に、学校。
小学校と中学校が併設なので、バス停の名前も学校前なのです。



ほいで、道路に面した壁にある卒業制作を見てみると、
平成21年度が第5回卒業生なんですね。
もとは宮の浦やほかの集落にも別々に学校があって、
それが統合されてできたのでしょうか。新しいんですね。この学校。

ということは、バス停が「野子学校前」になったのも5年ほど前のことのはずですが、
そのわりにバス停の鉄板、くたびれてませんか?潮風のせい?



こういう場所でバスがやってくるのを見ると、
次にここに戻ってくる日はいつだろう、そんな日があるんだろうか、
ってセンチメンタルになります。


同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
佐世保駅前バスセンターで西鉄高速待ち伏せ
鯛の鼻別道2017
福島支所前2017
伊万里駅前2017
黒川小学校前2台運行
土井頭
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 佐世保駅前バスセンターで西鉄高速待ち伏せ (2019-01-25 17:17)
 佐世保市営撮影 (2018-11-25 23:58)
 現実に戻る (2018-10-08 23:58)
 上五島取材 (2018-10-07 23:58)
 鯛の鼻別道2017 (2018-09-03 08:08)
 福島支所前2017 (2018-09-02 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)西肥バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。