地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年11月16日

いのちのたび博物館


「いのちのたび博物館」は、北九州市の八幡にあります。
恐竜の骨の実物大模型なんかがあって、子どもにうけのいい場所です。



高炉跡。そのうしろに都市高速。



スペースワールド。



皿倉山。

などが眺められる駐車場から、



芝生の広場を横切って、



バス停。



スペースワールド終点のバスは、
いのちのたび博物館バス停の手前で、イオンの構内に入って、



半地下のような駐車場の入口に停車してから戻ってきて、



バス停にやってきて、



あとわずかな路線を全うするために、走り去って行きます。

というような姿を、息子たちには先に博物館に入らせておいて、
写真を撮っている父親を、彼らはどう感じているのでしょうねw


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
折尾駅の変化
屋形船車庫
第一屋形船
八幡駅
中央二丁目起業祭
八幡製鉄所総合センター前
同じカテゴリー(北九州)の記事
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)
 北九州完乗への道 (2018-04-12 23:58)
 折尾駅の変化 (2018-03-01 18:26)
 屋形船車庫 (2018-02-28 06:06)
 第一屋形船 (2018-02-27 06:06)
 八幡駅 (2018-02-26 22:19)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。