地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年12月13日

津留


阿蘇。



細道。



「津留」。



高森環状線。
湧水トンネル公園を通るので、観光路線のように見えます。
色見循環線は土日祝も走るのに、
こっちはなんで火金という曜日限定なのか、と思っていましたら、



こんな道。リエッセぎりぎりです。



さらに、ここから左折。



すでに、ちゃんとした道路かどうかも疑わしい規格。
そのまま農家の敷地内に入って行き止まりになりそうな、
コンクリ敷設の道路を走っていきます。



けれども、津留バス停の対面には、
高森村庄屋跡の碑が立っています。
すなわち、このあたりが高森の中心集落だったということでしょう。
今のところに市街地が移ったのは、駅の存在が大きいのでしょうか。

こんな隘路なのに、バスが走るのも、
そういう歴史的な経緯を踏まえてなのかもしれません。
ならば少しくらい、道を拡げたらどうか、と思ってしまいますが。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 18:31│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
お~!!

これはスゴいことになっていますね!高森循環線。

絶対に乗りに行きたいと思います!!
Posted by ハンズマン at 2010年12月15日 01:15
凍る季節がまたお勧めだそうです。

どうぞ年末年始にでも滑ってきてくださいw
Posted by ちょんびん at 2010年12月15日 22:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。