地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2010年12月15日

湧水トンネル公園前


踏切。南阿蘇鉄道、高森駅手前です。



路盤。こっから線路は、高森に向かって左にカーブしてます。
ただ、高千穂まで繋がった場合には、線路はまっすぐになる予定で、
この先からトンネルに入る計画でした。



その線路予定地。



まっすぐ進んで、



トンネルの入り口がそのまま保存されて、
湧水トンネル公園として整備されています。
名前の通り、鉄道トンネルを掘ってみたら、予想外の湧き水が出て、
これが工事中断の一要因となりました。
実際に開通したとしても、採算が取れるだけの需要が見込めないのが、
最大の要素ではあるのでしょうが。

ただ、博多から宮崎へ鉄路で繋ぐ場合、
熊本から高森~高千穂~延岡経由ってのは、
それなりに現実味のある路線だったとは思います。



本来の目的で利用されることのなかったトンネルですが、
ただ蓋をされて放置されるよりはマシなのでしょうか。
それとも、晒しものになるほうが更につらいものなのでしょうか。



高森循環線の途中、高森阿蘇神社を過ぎた場所では、
放置されたトンネルが見られます。
やはり、誰にも顧みられることがないほうが、
さらに過酷な運命のように感じます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 23:16│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。