地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年01月20日

堅粕


博多バスターミナルから北へ、承天寺を分断して延びる道。
博多営業所へ向かう回送バスが頻繁に通りますが、
ごくまれに、営業扱いの「43」も走ります。



ラーメン屋から右折して、御笠川を渡り、都市高速の高架が見えてくると、
右側に博多新劇座があります。
この通り、五十二萬石本舗があったり、明太子の直売があったり、
いろいろと面白いのですが、現在の「43」はもうひとつ北の通り、
厄除けで有名な若八幡宮の前を通っています。

若八幡宮は、若の音読みであるじゃく、にゃくがやくに通じるということで、
厄除けの神様として崇められるようになったとか。
ちょんびん、来年前厄です。お祓いはどこに行きましょうかね。



国道の上に鉄道、その上を都市高速が跨ぐ複雑構造を抜けて、
といっても、歩行者はただ歩道に沿ってまっすぐ歩くだけですけど、
南側に進むと、堅粕バス停があります。



バス停の後ろには、古い味噌蔵。
福岡高校の近くに酒造所があったりして、
この辺に昔から人の暮らしがあったことを感じさせます。
道路が国道のため高規格になって、
今ひとつ生活感に欠ける風景も多い場所なんですが。



反対側、郊外方面。雑餉隈行きがあった頃の表示がありますが、
現在ここからのバスは「43」金隈だけです。



バス停の後ろは地禄神社。



博多駅行きがやってきました。
隣の東光寺東光町バス停では、
堅粕へ行く人は乗り換えるようにアナウンスされますが、
ひどいときは8時間くらい空きますので、
バスを待つよりは歩いた方がいいと思いますw



堅粕~博多駅は、上下線で経路が違い、
博多行きはJRのガードに沿って進みます。
ただ、吉塚方面からの回送バスも走るので、
ここもバスが走る姿は、「43」の本数より遥かに頻繁に見られます。

「博多行き」を「墓待機」と変換する私のPCは何を書きたいのでしょうw



川の向こうに、博多営業所が見えています。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
井尻交差点を上から横から中から
福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設
井尻六ツ角
井尻六ツ角
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)
 井尻交差点を上から横から中から (2017-04-18 19:40)
 福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設 (2017-04-17 23:22)
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)
 井尻六ツ角 (2017-03-08 16:16)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)福岡緑
この記事へのコメント
こんにちは。

堅粕の隣は「東光寺」ではなく「東光町」ですね。

以前の私のPCは、「再開発」を「災禍遺髪」と変換したことがありました…。
Posted by soramame at 2011年01月21日 20:15
うひゃ、すいません。直しました。

承天寺や地禄神社、若八幡宮のことを書いた、
自分の文章の流れに自分が溺れています。

そして、寺社仏閣関連の変換モードが、
墓待機となって現れたのでしょうか。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年01月21日 20:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。