地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年06月26日

門司港駅前


門司港駅、はとりあえず置いといて。
私があれこれ言わなくても、多くの方がご存知でしょうし。



海の見える場所へ。



唐泊までの連絡船は、SUNQパスでも乗れます。
昨年の11月に行ったときは、
巌流島まで往復400円という割引が設定されていました。



駅に戻って、
父が樹木医なんてものをやっておりまして、
マツクイムシの防虫とか苦労は多いようなので、
古い木造駅舎の維持も大変だろうなぁ、と思いながら。



バナナの叩き売りというのは、
在庫を腐らせるくらいなら安価で捌いてしまおうという逼迫感が醍醐味だと思うので、
売れようが売れなかろうが構わない人たちがいくら模倣したところで、
それは質の悪い贋作の域を出ないと思います。
啖呵売の口上全般でそう感じるのは、単なる偏屈なのかも。
伝統芸能として温かく見守る度量が、自身に欲しいものです。



駅正面から向かって左側に、バス乗降のロータリーがあります。



「門司港駅前」。
行先別にバス停がふたつに分かれているわけではなく、
一般路線バスと和布刈への観光バス用の位置づけのようで。



門司港駅前の英訳が統一されていないのは、
その用途とともに何か深遠な理由があるのでしょうかw





同じカテゴリー(北九州)の記事画像
まつり起業祭八幡2017のバス11月3日
木屋瀬宿
黒崎駅前出発までのイントロもしくはプレリュード
西鉄黒崎バスセンター
小倉高校下
高野 西谷変電所の廃止も含めて
同じカテゴリー(北九州)の記事
 まつり起業祭八幡2017のバス11月3日 (2017-11-14 16:16)
 木屋瀬宿 (2017-06-16 16:16)
 黒崎駅前出発までのイントロもしくはプレリュード (2017-06-15 16:16)
 西鉄黒崎バスセンター (2017-04-27 00:02)
 小倉高校下 (2017-04-03 06:06)
 高野 西谷変電所の廃止も含めて (2017-04-02 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。