地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年02月10日

内ヶ磯


畑公民館のところで川を渡って、
あとは生活道路を川に沿って遡ると、


ダムの築堤を臨む場所に、終点の「内ヶ磯」。



特に説明するほどでもない看板。
笑える人だけ笑ってください。



公衆便所が設置されていることからもわかるとおり、ここは観光地。
福智山登山の玄関口でもあります。



つきあたりの右側から登っていく道は、車でももうひとしきり登れます。



そばや。



もとは、こちら側にもバスが走っていまして、
コミュニティバスのバス停に、内ヶ磯口として名残があります。



バスは、細道を緩やかに走ってきて、
折り返しに備え、坂の下のスペースで待機します。


同じカテゴリー(筑豊)の記事画像
磯光=水町間の狭隘路往復
水町バス停 国鉄宮田線廃止代替
コンビニから河川敷
内ヶ磯
竜王峡
直方バスセンター突入は最後かも
同じカテゴリー(筑豊)の記事
 磯光=水町間の狭隘路往復 (2017-06-23 18:00)
 水町バス停 国鉄宮田線廃止代替 (2017-06-21 16:16)
 コンビニから河川敷 (2017-06-20 19:19)
 内ヶ磯 (2017-06-19 16:16)
 竜王峡 (2017-06-18 16:16)
 直方バスセンター突入は最後かも (2017-06-17 16:16)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)筑豊
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。