地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年01月29日

西花畑小学校前桧原桜前


桜町から、ゆるやかな坂を上って、「西花畑小学校前」。



外環から長住の方へ曲がる角に、一塊の桜があり、石碑が立っています。

この桜の間にあるのがもともとの旧道で、
バスの通行はおろか、車の通行も憚られる規格でした。
そこで拡張工事を行うにあたって、桜の伐採が始められましたが、
それがちょうど桜の開花間近の時期にあたり、
桜を惜しむ人から、桜の木に命乞いの色紙(短冊?)が掛けられたそうです。

「花あわれ せめては あと二旬 ついの開花を 許し給え」
1月上旬とか中旬とかいうように、旬とは10日のこと。
あと20日待って、最後の開花を許してください、という歌です。

この歌がきっかけとなり、ここの桜は残されることになって、
今も春になると見事に咲きます。
詳しいことは、桧原桜で検索してみてください。
当時の市長が返歌を詠んだり、海外で取り上げられたりしてました。
この経緯はニュースにもなったので、リアルタイムで記憶があります。



既存の西花畑小学校バス停は、外環の桧原側。
「桧原桜前」のほうも表示されています。



都心向けのバス停は、電柱の陰にひっそりと立っているのですが、
バス停には桧原桜に因んで詠まれた歌が掲示されていて、
比較的多くの人たちが関わっている場所だとわかります。



けれども、新設のバス停には、桧原桜の記載はありません。
大橋方面のバス停から、小学校はいちばん鮮明に見えます。



小学校の前には、大量のガードレール資材。
片側2車線になる前の、工事途上で使われていたものだと思います。
工事の規模が大きかったことを、あらためて感じることができます。
そして、やっと今日、新しい路線が通ったわけで、嬉しいことです。


同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
長住四丁目を淡々と
外環2運行開始と初乗車
油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始
国立福岡病院 「66」乗り入れ開始
神田町 主に若久団地を注目して
若久団地第一 新設路線の起点
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 長住四丁目を淡々と (2017-04-22 06:06)
 外環2運行開始と初乗車 (2017-04-15 06:06)
 油山牧場も~も~らんど 博多駅天神から「特快56」期間限定臨時バス運行開始 (2017-04-09 06:06)
 国立福岡病院 「66」乗り入れ開始 (2017-04-07 00:02)
 神田町 主に若久団地を注目して (2017-03-31 06:06)
 若久団地第一 新設路線の起点 (2017-03-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 23:29│Comments(0)福岡橙
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。