地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月01日

六ツ門


「六ツ門」。
隣接バス停表示の特急、次は西島。
西鉄沿線から佐賀に行く需要を見込んでできた特急は、
JR久留米に寄らず、そのまま筑後川を渡っていました。



久留米~佐賀の特急は、「45」と整理券番号を同じにするため、
停車するバス停だけ飛び飛びに運賃が表示されていて、
それが、通過するバス停の多さを感じさせて好きでした。

運賃表の上にある、トイレ表示も個人的に好み。
特急の幕しか準備されていなかったこの車、
次の活躍の場はどこになるのでしょうか。



堀川バスも走ってます。



閉店した井筒屋のピロティに待合スペースがありますが、
1階部分で行われていた催しも、アーケード側に移り、
シャッターの閉まったバス停側は、昼間でも薄暗いです。



むつもん饅頭。
目にするたびに、字面がむっちゃん饅頭と似てるなあ、と思っています。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
城島酒蔵びらき荒木駅
城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス
上城島有薫酒乃竹屋
上城島駅跡
池亀
萬年龜原田入口
同じカテゴリー(久留米)の記事
 城島酒蔵びらき荒木駅 (2017-03-01 16:16)
 城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス (2017-02-28 16:16)
 上城島有薫酒乃竹屋 (2017-02-27 16:16)
 上城島駅跡 (2017-02-26 16:16)
 池亀 (2017-02-25 16:16)
 萬年龜原田入口 (2017-02-23 21:21)

Posted by ちょんびん at 23:59│Comments(2)久留米
この記事へのコメント
こんばんは。旧井筒屋の建物は取り壊しが決まったようです。久留米の第三セクターが再開発をするようですが、買い取りの金額に足りないらしくスポンサーを募集しているようです。建物がなくなったあとのバス停はどうなるのでしょうか…。
Posted by 暇工作 at 2011年03月03日 00:39
こんばんは。

井筒屋が取り壊されると、景色が変わりますね。
建物がなくなったあとバス停がどうなるのか興味がありますが、
バスの乗り換え地点ではありませんので、
六ツ門周辺自体の集客力があがらない限り、
あまり充実する期待はできないのではないでしょうか。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年03月03日 20:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。