地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月16日

光が丘~筑紫駅


「光が丘二丁目」は、溜池の脇。



筑紫東小学校の前を通って、



「光が丘一丁目」。



反対側と、バス停名称文字の色が違います。



光が丘は、国道200号が貫いていたり、
高圧電線が上を走っていたりするわりには、
住環境としては静かでよさそうな場所です。
私自身は、あまり住宅団地に興味がないのですが。



その先、坂の頂上部分に給水塔。



ここで、光が丘と美しが丘の境界を越えますが、
そんなに大きな違いは見られません。
宗像の自由ケ丘南二丁目と三丁目のように、
道を挟んで明らかに建築時期が違う、ってこともなく。



「17」は学校前から原田駅を経由して筑紫に行くのですが、
徒歩での距離感をつかむため、そのまま直進して3号線を越えます。

光が丘付近に住んでいて、バスに乗り、
JR原田や西鉄筑紫で乗り換えようとする場合、
住宅地の方々をくまなく廻ろうとする路線が仇になって、
遠回り感が避けられないのではないかと思います。

そして、ここのバス路線は遠回りした分運賃も上がり、
時間帯ごとに片側の系統しか走っていないにも関わらず、
右回りと左回りで、同じ停留所からでも運賃が違います。
それならば、ツマに駅まで車で迎えに来てもらおう、
って考える旦那の気持ちは、よくわかります。

光が丘から筑紫駅まで、歩けない距離でもないですし。
光が丘二丁目で、「17」のバスとすれ違い、
さて、どこまで先行できるかな、と進みましたが、



「筑紫神社前」、



「筑紫」とバス路線に沿って歩いたのに、



結局、筑紫駅西口まで、バスより先着してしまいました。
駅のロータリーには、バス停があるのも無視するかのように、
お迎えの車がたくさん停まっていました。

私はひとけの薄い反対側の「西鉄筑紫駅」バス停から、
「24」で山家道まで行き、「400」で福岡に戻ります。


同じカテゴリー(佐賀)の記事画像
目達原
田中
西鉄味坂駅前
佐賀駅バスセンター
佐賀第二合同庁舎
再片田江
同じカテゴリー(佐賀)の記事
 目達原 (2016-11-11 11:11)
 田中 (2015-10-10 17:17)
 西鉄味坂駅前 (2015-09-29 17:17)
 佐賀駅バスセンター (2015-09-24 07:07)
 佐賀第二合同庁舎 (2015-09-23 07:07)
 再片田江 (2015-09-22 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)佐賀
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。