地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年05月21日

赤坂


九州大谷短大のところが坂になっていて、赤坂方面へ下り。
途中で、薩摩街道旧道が分岐しています。



旧道の方を進んで、現在の大通りに再合流する場所に、
赤坂のバス停があります。
バスは旧道側に走ってくるかのような角度で停車して時間調整。
この道を西鉄の大型が走ると、それはそれはすばらしい眺めでしょうw



残念ながら、国道209号線を走ってしまいますが。



「赤坂」バス停には、筑後赤坂までの区間便の名残。
「50」は、高良台・相川あたりまでの利用者が多いように感じますので、
久留米市内の区間便があってもいいのでは、と思ってますが、
じゃあ船小屋まで現在15分間隔なのを少なくするかというと、
それは現実的ではないでしょうし。
かいって相川まで7分半間隔は多いでしょうしね。



筑後船小屋までの路線、夜が早いですよね。
駅のまわり、公園散策してついでに駅に新幹線見に来てる人はいるんですが、
いったいどれだけの人が新幹線を利用しているのでしょう。
私も、早いところ八代まで乗ってみたいとは思うのですが、
ここのところ出費が多いので、バス優先のために我慢しています。貧乏が憎いですw


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
城島酒蔵びらき荒木駅
城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス
上城島有薫酒乃竹屋
上城島駅跡
池亀
萬年龜原田入口
同じカテゴリー(久留米)の記事
 城島酒蔵びらき荒木駅 (2017-03-01 16:16)
 城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス (2017-02-28 16:16)
 上城島有薫酒乃竹屋 (2017-02-27 16:16)
 上城島駅跡 (2017-02-26 16:16)
 池亀 (2017-02-25 16:16)
 萬年龜原田入口 (2017-02-23 21:21)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)久留米
この記事へのコメント
旧道は50年ほど昔には走っていたそうなので、その頃に行けたら乗ってみたいですね〜。もっともボンネットバスだったでしょうけど(笑)

区間便は聖マリア病院前までなら実現しそうですが、それなら最初から一部別ルートを走らせて別番号というふうになるかもしれませんね。

個人的には聖マリアから相川を左折するルートで堀川バスに走ってもらいたいですよ。荒木線の一部復活です。広川から聖マリアへ出勤したり通院している人が結構いますし…。

余談ですが、土日は聖マリアと医大のお見舞いのはしごが結構ありますので、土日はこのルートに社会実験でバスを走らせてみてはどうかと思ってます(笑)
Posted by 暇工作 at 2011年05月21日 21:36
赤坂の旧道、50年前ですか。赤白じゃないバスの時代ですねw
私、そこまでは戻れなくてもいいです。きっと戸惑うばかりです。

広川から聖マリア、医大と聖マリアのはしご、って需要を鑑みまして、
医療センター~上津荒木~西町~聖マリア~本町~大学病院、
というようなルートを社会実験していただきましょう。番号は「700」でw
Posted by ちょんびん at 2011年05月23日 17:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。