地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月18日

「5」西鉄柳川〜筑後船小屋


朝の柳川駅前。



大川橋・若津からは「1」、



早津江の「6」。
柳川界隈は基本的に、北から南に番号が大きくなっていました。



「4」の布橋循環は廃止になりましたが、



「3」は警察署循環で健在で、
柳川病院から先では、「4」の幕を表示しています。
「4」の三明橋とか、「7」の七ツ家とか、どこかに画像残ってませんかね。



九州新幹線開業に伴う、船小屋までの新路線は、
「5」という番号を割り振られました。
久留米~船小屋が「50」なので、
それとの関連性も考えられたのかもしれません。

羽犬塚~大野島農協が無番なので、
柳川~船小屋の新路線ができると聞いても、
番号が何番なのかとは、特に気にしなかったのですが。



新しい幕ができるかと期待しましたが、
開通日の第1便は、電光。
しかも両替機もニモカのセンサーも壊れていて、
前途多難な立ち上がりでした。



でも、バスの前で記念撮影をしている人がいたり、
わずかですが、歓迎ムード。



路線図と時刻表も新調されてます。



鮒小屋まで往復して、



柳川に戻ってきました。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
大川橋のバス
大川橋事務所移転
祭りのあと
熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス
山鹿バスセンター脇
岩野荒平過去の記憶
同じカテゴリー(久留米)の記事
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)
 大川橋事務所移転 (2018-06-07 17:17)
 久留米バスあるき第2回 (2018-06-03 23:58)
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス (2018-05-01 06:06)
 山鹿バスセンター脇 (2018-04-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 23:58│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。