地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月16日

一条→筑後北小学校前


筑後市、「50」の沿線、「一条」。
羽犬塚、船小屋方面。



久留米方面すぐのところに、「一条」交差点があります。
ここから東に進むと、堀川バスにも一條バス停があります。
条の字が違うのは、もともとこのあたり一帯が「いちじょう」の集落で、
筑後市と広川町に所属が分かれた際に、
筑後市一条と広川町一條、表記もわかれたためです。
どちらに所属するのか、各家ごとに恣意的な選択が行われた形跡が、
境界線の複雑さに現れています。



「50」は朝晩も日中も殆どの時間帯15分スパン。
ということは、すれ違いは平均7分半ごとに行われますし、
鉄道と違って、日常的に遅れますので、
いろんなところで離合を見ることができます。



筑後赤坂の標記が残る、南行きと、



ほぼ向かい側にある、北行き。
こちらの方が新しいという点と、
両側の隣接バス停表示に注目してください。

一条バス停なのに、
北行きのバス停だけ、手前のバス停も一条と書かれています。



盛徳交差点よりさらに南、小学校の歩道橋のそば。
こちらが、もとからある「一条」バス停だったのですが、
3/12のダイヤ改正に伴ってでしょうか、「筑後北小学校前」に改称されました。
西鉄の公式ページにリリースされるでもなく、こっそりとw

以前は、久留米方面の一条バス停はここだけだったのが、
上下線が離れすぎていたからなのか、
堀川バスの一條バス停が新設されたのと関係あるのか、
どういう意図によってなのかは存じませんが、
一条交差点の付近が拡張された昨年、新しい一条バス停ができました。
バス停の位置としては、両方向がほぼ向かい合う形になり、
わかりやすくなったのは間違いありません。

それなのに、前のバス停が廃止されることもなく、
「50」の久留米方面は、一条を出て次も一条、という状態でした。
運賃表や車内放送もちゃんと、「ふたつの一条」に対応していました。
改称されたってことは、ややこしいと誰かが感じたんでしょうね。



新しい一条バス停は、かなり北ですし、



南の九州大谷短大バス停までは、上り坂ですので、
場所さえ確保できるなら、
南方向にもバス停ができていいと思うんですがね。

Salam817さんのブログによると、
JR久留米駅前の路線図には、スペースが空けてあるらしいので、
反対側にもバス停を設置する方向で検討中なのかもしれません。

JR久留米駅前の路線図といえば、
「25」は善院から上原行きではなく、
吉井営業所に向けて線が引かれていますので、
こちらも4/1からは「25」のみ発着する上原(もとの田主丸営業所)が廃止されたら、
吉井営業所までの便ができること、既定事実なのでしょう。
ちょっとフライングw


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
筑後自動車免許試験場
城島酒蔵びらき荒木駅
城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス
上城島有薫酒乃竹屋
上城島駅跡
池亀
同じカテゴリー(久留米)の記事
 筑後自動車免許試験場 (2017-04-27 20:46)
 城島酒蔵びらき荒木駅 (2017-03-01 16:16)
 城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス (2017-02-28 16:16)
 上城島有薫酒乃竹屋 (2017-02-27 16:16)
 上城島駅跡 (2017-02-26 16:16)
 池亀 (2017-02-25 16:16)

Posted by ちょんびん at 23:16│Comments(2)久留米
この記事へのコメント
一条バス停についての詳しい説明をどうもありがとうこざいます。そして、余計に記事を書かせるようなことになってしまって申し訳ないです。
新しい方の標柱の存在は私も去年から知ってはいたのですが、まさかこういう経緯があるものだとは知りませんでした。。

結局、25番が吉井営業所まで行くことは決まっているようなものなのですね。
田主丸中央から上原までと営業所までとは、後者のほうが距離は長いですので、ある意味では、延伸といえるのかもしれませんw
田主丸営業所が無くなって随分たつと思うのですが、今の今まで上原折り返しがあったのが不思議なくらいです。
Posted by Salam817 at 2011年03月17日 16:50
余計の記事ではなく、いつかは書いてたと思いますので、
そのきっかけを与えてくださったと考えてます。
私は地元ではありませんが、「50」はよく乗りますので、
偶然知っていただけで、既存の一条は、離れすぎですw
なかなか、あれが同じバス停だったとは、推定難しいです。

でも、西鉄もヒントを残してくれていまして(笑)、
って実際は、隣のバス停まで変更するのを怠っただけでしょうが、
記事のように、新設一条の隣接に一条の表記がありますし、
筑後北小学校の隣接表記も、大谷短大が新設バス停のわりには古く、
反対側も、西原を消した跡が伺えます。
そういうところから推測していくのは、宝探しのような面白さがあります。

きっと佐賀や国分・草野界隈では、お世話になることがありますので、
その際はどうぞよろしゅうに。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年03月17日 18:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。