地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年04月09日

下妻


花いっぱいの「下妻」。
百町に続いて、通常のバス停が場所に、
西鉄バスが走り出した場所です。



先日の記事では、橋を渡ればみやま市と書いてますが、
実際は、隣の立花いこいの森バス停は、柳川市三橋町です。
みやま市との境界も近い場所ですが。



あらためて写真に撮ってみると、
柳川~筑後船小屋の間、ずっと人家の少ない風景ばかりですね。
バス路線、2点間輸送がうまくいかないと、
途中バス停からの利用だけで賄えるほど周辺人口がいそうに見えません。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
八女営業所の正月
八女9429復刻ラッピングと日章旗
久留米の正月2019
船小屋と羽犬塚
春の久留米、そしてエマックス
大川橋のバス
同じカテゴリー(久留米)の記事
 八女営業所の正月 (2019-02-01 17:17)
 八女9429復刻ラッピングと日章旗 (2019-01-29 17:17)
 久留米の正月2019 (2019-01-28 17:17)
 船小屋と羽犬塚 (2019-01-26 17:17)
 春の久留米、そしてエマックス (2018-07-22 19:19)
 大川橋のバス (2018-06-10 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。