地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年03月29日

観晴が丘


斜面に沿う坂道の途中、「観晴が丘」。
都心方面のバス停は、那の津と天神が消されていて、大橋も風前の灯。



あと、数日の命です。



車通りは非常に多く、飲食店や自動車関係の店舗も並んでいる場所ですが、



南側は、山。

循環線ではないのですが、西鉄大橋~博多南駅を繋ぐのに、
大きくこの辺りまで迂回してくる路線で、
最初から最後まで乗り通す需要も見えず、難しかったのでしょう。
私自身、車ではよく通る場所なんですが、バスに乗ったのは数回でした。

観晴が丘は那珂川町ですので、今後は「かわせみ」が走ります。
隣の白水池公園は春日市なので、近くを「やよい」が走っています。
そういう行政の境も、人の移動の障壁になっていたりします。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
井尻六ツ角
井尻六ツ角
何度となく折立
アサヒビール前沖学園
竹下竹下駅
五十川一丁目
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)
 井尻六ツ角 (2017-03-08 16:16)
 何度となく折立 (2017-03-02 19:04)
 アサヒビール前沖学園 (2017-03-01 19:19)
 竹下竹下駅 (2017-02-25 06:06)
 五十川一丁目 (2017-02-24 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡緑
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。