地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年05月12日

東比恵一丁目


3/28、仕事が終わってから飲み会で博多駅へ。
ホリデーアクトパスは使えない平日のため、
バス料金節約のため、「桜坂」で乗り継ぎ

原~博多は、直通だと城南線経由330円、国体道路経由360円ですが、
桜坂乗り継ぎだと300円になります。
ちなみに六本松乗り継ぎだと330円、別府二丁目だと320円。
いずれにしても乗り継いだ方が得なのです。

3/31、廃止路線に乗るため、まさちゅんさんにお会いしたら、
ちゃんと行程表で乗り継いでいる部分をチェックいただいてましたので、
非常に嬉しゅうございました。

桜坂バス停うしろのスーパーが、丸和系列のラパレットから、
マミーズに変わっています。



それはさておき3/31は、まず堅粕経由に乗るため、東比恵まで地下鉄で移動。



ちょうど、「38」と出会える時間に着きました。



「東比恵一丁目」からだと、博多駅まで100円なので、
ここから「43」で博多駅まで往復。



堅粕バス停が廃止されても、「43」の本数は維持されますので、
博多駅まで行く人にとっては、逆に遠回りを強いられなくてすむ改正でした。



そのせいか、東比恵一丁目のバス停には、堅粕経由の廃止について言及はなく、
「38」の時刻が変更になる旨だけが掲出されていました。

最終便まで、ちゃんと利用のあった堅粕なんですが。


同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
御笠川
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 御笠川 (2017-07-26 21:26)
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。