地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年04月12日

畑中


西の浦の手前、「畑中」。
ここはまだ宮の浦(北崎)の地域内で、
西の浦へは、ひとつ丘を越える必要があります。




坂の途中に、徳門禅寺という名の寺があり、



西の浦線の中では、バスのすぐそばに桜が咲く、貴重な場所です。
西の浦沿線で考えると、今山、毘沙門山、大原海水浴場などで、
美しい桜を車窓から眺めることができますが、道から少し離れているので、
バスと一緒に写しこむのは、なかなか難儀します。

桜を狙うなら、寺社仏閣・学校・病院・行政施設・ニュータウン、
というのは、どこでも適用できる法則のような気がします。


同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 00:02│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。