地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年04月29日

赤間支所前


宿場町の雰囲気が残っている、「赤間支所前」。
現在は赤間というと赤間駅が中心でしょうし、
私のようなバス好きにとっては営業所が赤間のメインですが、
昔は赤間といえばここだった時代があるはずです。



時代を感じさせる建物がけっこうな数ありまして、
宿場町時代の雰囲気を出す、燈籠もよい感じです。


赤間駅方面バス停の正面には空き地があるのですが、
それもまた、奥の建物を引き立てるような気がしますし、



バス停の後ろには、こんにゃく屋。
こういうところで買うとおいしいような気になれます。
実際においしいんだったらすいません。
あくまでイメージで話を進めていますw



バスが来るのを待っていると、まだ20分近くあるのに、
小学生の兄弟がバス停にやってきました。
きみたち、そんなに早くやってきて、バスでどこかに行く気かい、と嬉しくなりましたが、



バスはバスでも、スイミングスクールの送迎バスに乗って、行ってしまいました。



気を取り直してw、向かい側の酒造場へ。



蜂の巣と煙突がポイントです。



勝屋酒造の、清酒「楢の露」。飲んだことはありませんが、
せっかくここで出会いましたので、宗像の酒屋で探してみます。
道の駅に行ったほうが見つかるかもしれませんね。



玄関先に飾られた花、こういうのが真の風流なのでしょう。



私が絡むと、必ずバスを含めたくなりますが。
奥に城山も見えています。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
赤間営業所構内進入
東郷駅東口
大島ターミナルとグランシマール時刻表
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
同じカテゴリー(宗像)の記事
 赤間営業所構内進入 (2017-06-27 16:16)
 東郷駅東口 (2017-06-05 18:47)
 大島ターミナルとグランシマール時刻表 (2017-06-02 18:28)
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(4)宗像
この記事へのコメント
こんばんは〜。造り酒屋の『蜂の巣』ですが、酒林(さかばやし)と言います。杉の木を編んで作られたもので、新酒ができた事を知らせる物です。これが飾られると新酒を絞り始めたという合図なのだそうです。これが茶色に枯れる頃は熟成してまろやかないい味を出すそうです。私が利用していた路線にもバス停近くに造り酒屋(ここの息子は私の後輩です(笑))があります。
Posted by 暇工作 at 2011年04月29日 20:01
こんにちは。

酒林(杉玉)って、新酒の合図ということは、
毎年作り替えられるものなんですね。
私、年季の入ったものしか見たことがない気がします。

福岡は酒や醤油のメーカーが多いところなので、
バスの沿道でもよく目にして、バスと一緒に撮りたくなります。
Posted by ちょんびん at 2011年04月30日 12:14
いつもふらふらと、このサイトを徘徊してます、、

楢の露のホーロー看板、壮観ですね、、一度いってみたいです!
Posted by なかの at 2013年04月21日 22:37
この道はいいですよ。教育大前駅から、ぜひ散歩してください。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2013年06月02日 09:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。