地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年04月15日

砥用中央


熊本バスと産交バスが並んだ、「砥用中央」。



松橋からやってくる産交バスは、ここが終着。
これより東は、熊本バスの勢力域になります。
といっても、大井早から浜町への区間は山道も狭く、
乗客も、従って本数も多くはありません。



ということで、矢部方面へのバス停は、熊本バスのみ。



産交も砥用市街地を一周するように走るので、
砥用中央を出発すると、松橋とは反対方向の、
東に向かって出発するのですが、
待機場からの発着になりますので。



かなり年代物の産交路線図も残っています。
現存しないのは、三角の片島行きと、小川~海東と、
この砥用線の堅志田新道経由くらいで、さほど大きな変化は見られません。

熊本バスの甲佐~美里~山都路線は、
下福良も廃止になりましたし、町境を越える幹だけが残って、
多様な枝線は全部消えてしまった感じです。
廃止になる時点では、あまり熊本を注目していなかったのが惜しまれます。



こういう、町の中心部を貫くバス通りの両側に商店街、という風景、大好きです。
多くの車の往来には適していないので、
バスが通らなくなる場所も多いのですが、
ここや来民中町のような雰囲気の場所が、いつまでも元気でありますように。


同じカテゴリー(熊本バス)の記事画像
九州本土の秘境バス四天王
馬見原仲町馬見原
熊本交通センター(仮)
津久礼
ダイヤモンドシティクレアイオンモール熊本
城南総合出張所
同じカテゴリー(熊本バス)の記事
 熊本バス廃止路線完全復活祭 (2018-05-20 23:58)
 九州本土の秘境バス四天王 (2016-11-30 21:41)
 馬見原仲町馬見原 (2016-05-29 17:17)
 熊本交通センター(仮) (2016-03-16 17:17)
 津久礼 (2015-12-14 07:07)
 ダイヤモンドシティクレアイオンモール熊本 (2015-10-15 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)熊本バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。