地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年07月09日

石原町


「石原町」。
北九州と田川を結ぶ旧街道筋。
快速は、田川エリア内ではあまり多くの乗客と出会えませんが、
頂吉越を過ぎて、北九州側に来ると、各バス停で乗客が増えていきます。

呼野あたりに車庫を設けて、西鉄バス北九州が運営するより、
田川が走らせたほうが経営上のメリットがあるのかな、と思います。
そうでなければ、北九州市内で運行を打ち切ったほうがよさそうな、
私が乗り合わせたときは、いつもそんな状態です。

平日の利用状況はまた違うんですかね。



バス停後ろには、平尾台が眺められます。
ここも香春岳も、ということはこの辺が全般的に、石灰岩質なんでしょうか。
大きく削られた山肌は、見ていて痛々しく感じられます。



田川快速は、素直にこの道を北上して、小倉方面に向かいますが、



「34」の一部は、中谷始発でここを回り込み、
東の筋を母原から志井経由で都心部に行きますので、
小倉方面行きが北からやってきます。

福岡で言えば、桧原から天神方面に行くのに福大前を経由する「12」とか、
野方始発の「506」みたいなもんだと思えばいいんでしょうか。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
中央二丁目起業祭
八幡製鉄所総合センター前
原形を留めたままの戸畑渡場
若松駅にて
まつり起業祭八幡2017のバス11月3日
木屋瀬宿
同じカテゴリー(北九州)の記事
 中央二丁目起業祭 (2018-02-25 06:06)
 八幡製鉄所総合センター前 (2018-02-24 06:06)
 原形を留めたままの戸畑渡場 (2018-02-23 06:06)
 若松駅にて (2018-02-22 12:42)
 まつり起業祭八幡2017のバス11月3日 (2017-11-14 16:16)
 木屋瀬宿 (2017-06-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。