地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年05月09日

自由ケ丘一丁目


急行の車窓から、「産業大学南口」。
香椎に行きたい場合は、オークタウン側か和白通り側か、
とにかくここから行かなくてもいいという判断で路線が敷かれています。



同じく、「南郷朝野団地入口」。
東郷~赤間というふたつの中心を結ぶ「17」が、
バイパスに一時的に合流する地点でした。
「17」の沿線も、人がいないわけじゃないんですけど、
駅と集落の往復需要くらいしか、利用が見込めなかったということでしょうか。

朝野団地と赤間を結ぶ「8-3」「8-4」が細々と残っていて、
原町~東郷駅の「17」が消えるのは、
ユリックス付近と自由ケ丘7丁目付近の人口の差でしょうかね。



で、今回も森林都市で降りてみたら、「8」が目の前を走り去っていきます。
駆け出して、乗りたいと意志表示すれば待ってくれる距離ですが、
成り行き任せの私、追わないことが殆どです。



バイパスの森林都市バス停からの距離から考えると、
ここも森林都市バス停を名乗ってもよさそうな、「自由ケ丘一丁目」。
でもそうすると、「8」系統も2箇所の森林都市を経由することになり、
かといってバイパスの森林都市を改称すると、
赤間行き急行が森林都市を経由しないことになり、
なかなかすっきりと整理ができないまま、
でも均衡を保ってバスは今日も走っています。

これより、赤間駅まで各バス停を撮りながら歩きます。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
赤間営業所構内進入
東郷駅東口
大島ターミナルとグランシマール時刻表
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
同じカテゴリー(宗像)の記事
 赤間営業所構内進入 (2017-06-27 16:16)
 東郷駅東口 (2017-06-05 18:47)
 大島ターミナルとグランシマール時刻表 (2017-06-02 18:28)
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。