地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年05月13日

赤間駅南口


森林都市から歩いて、「赤間駅南口」に到着。
行先表示がたくさんあるバス停、いいです。
福岡でも徐々に姿を消しつつありますが、
「17」が残るこの表示、いつまで残るでしょうか。



それにしても、赤間営業所と青葉台、
まったく違う場所に行くものだけが「8」で、
それ以外には枝番が付されているという、不可思議な状態。
LED化が進めば、幕を新調するコストを考えなくてよくなりますので、
青葉台も「8-5」なんかになるかもしれませんね。



個人的には、写真に撮ったときの見栄えなんかもあって、
フィルム幕の方が好きなのは確かですが、
新調や変更の手間やコストの話を伺うと、
そりゃあLED化へ向かうだろうね、という部分は納得できます。
だからといってそれを歓迎するかはまた別の話で。

駅の前、列車のすぐそばの側が、降車場です。



ロータリーを90度曲がって進んだ先が、出発バス停。
前述のように多くの系統がありますが、乗り場はひとつです。



後ろの飲み屋、バス待ちセットというネーミングがよいです。
目的のバスまで20分ほど、ならばちょっと一杯ひっかけるのに、
750円ならタクシー乗るより安いしね、と入って、
調子に乗って高くついていただくのが店の狙いでありますw

私は酒が不調法なので、誘惑される気持ちはよくわかりませんが、
ちょっと一杯でやめるつもりだったんだよ~、と
呑み過ぎを詰るツマへの逃げ口上としても、よいのかもしれません。


同じカテゴリー(宗像)の記事画像
波津海水浴場前
原 憩いの家前
西町口 鐘崎漁港
北町口 わずかに見える海
神湊波止場 世界遺産登録勧告
波津橋 海岸線に架かる目立たない橋
同じカテゴリー(宗像)の記事
 波津海水浴場前 (2017-05-21 16:16)
 原 憩いの家前 (2017-05-20 16:16)
 西町口 鐘崎漁港 (2017-05-16 16:16)
 北町口 わずかに見える海 (2017-05-15 16:16)
 神湊波止場 世界遺産登録勧告 (2017-05-14 16:16)
 波津橋 海岸線に架かる目立たない橋 (2017-05-13 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)宗像
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。