地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年06月09日

大牟田駅前

前回


西鉄電車で来ることが多かった、大牟田駅。
最近はあまり、福岡から大牟田まで特急を乗りとおす機会もありません。
昔は、三井グリーンランドへの乗り換え駅というイメージでした。
駅を降りたら観光案内所を見ながら、バス乗り場に向かいます。



駅には、イオンモール開業のお知らせも。



ほかにも各地に送迎バスが出てまして、
それが1つにまとめられているのは、他で見た記憶がありません。



バス乗り場、ひとつの乗り場からこれだけ多くの系統が、
と感心する多様性を持っています。



高速バスの乗り場だけが別になっているのは、
ロータリーを回る分だけでも時間短縮しようということですかね。



角には草木饅頭の店が2軒、草木の本店も2軒すぐ近くに並んでますし、
もともと創業者(黒田)と、その娘婿(江口)らしいので、
ライバルではあるのでしょうが、いがみ合う関係ではないようで。



大通り沿いの、高速バス停。福岡空港行きしかありません。



四ツ山からここまで停まりません。
グリーンランド~四ツ山~大牟田駅前と、
この高速系統しか走らない区間がけっこう多いです。



バス停の正面にある、格調高い建物が大牟田市役所。



大きな荷物を持った乗客。
福岡からどこかへ飛行機で旅立つのでしょう。



私はグリーンランド方面に行くつもりだったのですが、
バス停風景を撮っている私が珍しく怪しくなく見えたのか、
20代と思われる女性4人組から、写真を撮ってくれと頼まれまして、
といっても私が一緒に写るわけではなく、ただシャッターを押すだけですけど、
その彼女たちがグリーンランド行きに乗り込んだので、
一緒に乗ると付いて行くように思われるかな、なんて要らん心配をしまして、
先にイオンモールに行くことにしました。

その後にグリーンランドにも行きましたが、
よく考えたら、同じバスに乗ってないはずなのに、また出会うってほうが、
怪しさはさらに倍増でしょうかねw



最近新しく加わった、イオンモール大牟田行き。
直行するだけなら、西口から乗ったほうが早いのですが、
ここまでもバスで来て、乗り換える人の需要なども見越してか、
西口~イオンのシャトル輸送ではなく、
駅前から総合病院まで行くものがあります。



同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
祭りのあと
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関交差点と南関迎町
南関で「25」を惜しむ
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)大牟田
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。