地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年05月30日

古道


石積みの段々畑を見ながら走るバス。



田植えを終えたばかりの緑色が美しいです。



「古道」。



橋があって、道が分岐。



橋を渡るほうにも、上に集落が見えて、



橋の袂に、小型のバスなら納まりそうな空き地もあり、
ここが終点のようですが、もうひとつ上に古石という終点があります。



県別マップルの熊本県版、2000年のと2009年のを持ってるんですが、
どちらにも古石は、橋を渡って坂の上の集落を抜けたところと書いてあります。
そこで坂道を上ってみるのですが、バス停は見当たらず。



これがまたいい具合に、坂の途中の何もない場所に、
自転車置き場なんてのがありまして、混乱を助長します。
これより上の集落にいる生徒さんが、古道からバスで学校に通うのに、
古道バス停からこの手前までは家が立ち並んでいて、
自転車を停める場所がないので、ここに置くように設けられたそうです。
でも、これが元はバス停の待合だったんじゃないか、なんて考えたりして。



木陰に隠れてはいないか、と歩いて散策してみたら、
木に吊られたブランコを見つけました。



結局、記事冒頭の写真を撮ったあと、バスがこっちに上ってくるのを待って、
追いかけて確認しよう、と待ってみました。
視界から消えたバスが、一向に上ってこないので、
乗客がいないから古道バス停のところで待機してんのか?
なんてことも考えてバス停に戻ってみて、バスはいないのを発見。
一頻考えて、初めて気づきました。間違ってるのは地図の方だと。

古石の終点、春前~内野小学校の区間、百木の複乗など、
この付近を実地踏破した方が、いい加減な仕事しかしなかった結果が、
バス路線の間違いとして多々見られますが、
廃止になってしまえば、もうどうでもいいことです。

あ、でも代替の無料バスが走るんですかね。
それに、廃止路線跡を辿ろうとする奇特な人が出たときに、
昔の地図を見て間違えるのだとしたら、やはり問題かも。
何にせよ、産交バスが走るのは、明日5/31までです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
まちがってるのは地図の方…、 ですよね!

私は先にバスに乗る性質なんで大丈夫だったんですが、それでも2時間後にバイクで辿った際に地図を見て「おかしい、さっきは確か左に行ったはずだよね」と一瞬騙されかけました。昭文社の地図、便利なのにバス路線いい加減過ぎます♪
Posted by ハンズマン at 2011年06月02日 00:18
地図の方ですね。

今回の佐敷訪問は、車でも辿ったことのない路線を、
最初で最後の乗車と撮影、というスケジュールでしたので、
地図をいつもより真剣に、頼りにしました。

バス路線がいい加減なのは、芦北に限ったことではないのですが、
今回は依存度が高かった分、受けた影響も大きかったです。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2011年06月02日 17:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。