地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年06月05日

葛俣


歩いてたどり着いた、「葛俣」の集落。
材木が置かれている小屋の奥には、バス運行に関する看板もあって、
元は泊まり運用の時の車庫と宿泊の寝床、
さらには切符売り場もあったのではないかと思わせる造りです。



住宅はまだ先にも見えていますが、バス路線はここまで。
公民館と、芦北霊場の祠が並んでいます。



だれも乗せずに、やってきたのは中型。
すでに時間は昼過ぎですが、これが本日の第1便です。



三叉路で方向転換して、



田圃の石垣の脇で、出発時間まで待機です。



側面の表示、古石や長崎は
古石→湯浦駅前→佐敷駅前と非常に淡白なんですが、
ここは必要以上に詳細。
平日の朝1便は、大野温泉センターに入らない系統がありますが、
この側面表示には大野温泉が書いてありますので、
別にもう1枚あるのかもしれません。

センター構内に入らないだけで、前は通るわけなので、
降りたいと主張すればきっと降ろしてもらえるでしょうし、
この幕で運用しても問題はまったくなさそうですがね。



前面幕は、まったく区別する気も見られない、
経由地は才木しか書かれていないものですし。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
高尾野入口
波居原鬼渕
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)
 高尾野入口 (2018-12-24 21:30)
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。